2010年02月17日

韓国曲をカラオケ無断使用、第一興商に賠償命令(読売新聞)

 韓国の歌謡曲など約1200曲を無断でカラオケに使用され、著作権を侵害されたとして、著作権管理会社「アジア著作協会」(東京)が、業務用カラオケ機器大手「第一興商」(同)に約9億7600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が10日、東京地裁であった。

 清水節裁判長は、一部の楽曲について著作権侵害を認め、約2300万円の賠償を命じた。

 判決は、同協会が、韓国の著作権管理会社(解散)から委託されるなどして、作詞について289曲、作曲について275曲の著作権を管理していたと認定。「第一興商は、利用する楽曲の著作権について十分な調査を怠り、許可を得ないで利用してきた」と述べた。

 第一興商は「主張が一部認められなかったことは遺憾。今後の対応は判決内容を検討して決定する」としている。

未承認薬・適応外薬問題解消へ―厚労省の検討会議が初会合(医療介護CBニュース)
<田村参院議員>民主に入党 統一会派、過半数に(毎日新聞)
<社民・阿部政審会長>政倫審での説明、小沢氏に求める(毎日新聞)
社民・福島氏、グアム案捨てず「粘り強くやっていく」(産経新聞)
元・打点王の石井氏、自民秋田県連が参院選擁立へ(読売新聞)
posted by ヒトミ タツオ at 05:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。